beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ファーストプレーで満点回答!「夢はプロに行くこと」東海大のジョーカーFW山田泰雅が値千金弾

このエントリーをはてなブックマークに追加

東海大FW山田泰雅(3年=厚木北高)

[1.11 #atarimaeniCUP準々決勝 東海大 3-2 日本大]

 途中出場から数十秒後、東海大FW山田泰雅(3年=厚木北高)がファーストプレーで満点回答を出した。「身体の強さと、ドリブルで打開できるところ」というセールスポイントを持つストライカーは、自ら切り拓いた準決勝のチャンスでJクラブのスカウトにアピールする構えだ。

 東海大は2-1で迎えた後半12分、相手のミドルパスを中盤でカットし、左サイドをFW砂金大輝(4年=暁星国際高)が突破。ゴールライン際からのハイクロスに反応したのが、投入されたばかりの山田だった。戻りながらのファーストタッチは頭でトラップするような形となり、ボールは頭上に浮き上がったが、セカンドタッチで再びヘッド。これがネットを揺らし、リードを2点に広げた。

「あそこに入れというのは練習の時から言われていて、ペナルティエリア内で点を取れる選手になれと言われていた。良いタイミングでボールがきて、良いタイミングでボールが来て、頭に当たって良い感じに上がったので、あまり相手も来ていなかったので最後は当てて決められた」。チームはその後、日本大の猛攻を受けて1点を返されており、山田のゴールが事実上の決勝点となった。

 山田は入学1年目から出場機会を掴み、昨季はアミノバイタル杯初戦で流通経済大を破る決勝ゴールを決めた期待のストライカー。今季はさらに飛躍を期して臨んだシーズンだったが、コロナ禍明けはBチームで迎えた。それでも「走力、体力がなかった」という課題を見つめることで、指揮官から求められた8分間走を徹底。Iリーグで得点を積み重ね、再びAチームに返り咲いた。

 そうして迎えた全国大会はこれまで3試合すべてに途中出場し、ジョーカーとしての立ち位置を確保。ベスト4入りをかけた大一番で初ゴールを記録した。「自分の夢はプロに行くことでもあるので、プロ相手に通用するくらいの能力を大学で磨いていけたら」。今大会で名前を売り、残り1年間でオファーを勝ち取る構えだ。

 そのためには味の素フィールド西が丘で行われる準決勝、決勝は格好の機会となる。「個人としても全国大会に出場すること自体が初めて。ただ、ここまで来たからには優勝を狙っていきたい」と日本一への意欲を燃やした山田は「スカウトがいっぱい来ると思うので、いつもより気合を入れて死ぬ気でやる」と力を込めた。

(取材・文 竹内達也)
●#atarimaeniCUP特集ページ

TOP