beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:日章学園FW石崎祥摩「新チームで、チームを勝たせる選手になりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日章学園高FW石崎祥摩

 九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。上位リーグのD1リーグBパート1位・日章学園高(宮崎)からはFW石崎祥摩(1年=日章学園中出身)が選出された。

以下、石崎コメント
―リーグを振り返って。
「チームとしては、リーグ戦を通して、安定した試合運びができていたと思います。失点をしてしまった後も、落ち着いて自分たちのサッカーをできていたと思います。プレーオフの大津戦では、失点直後に動揺してしまい、大一番でのメンタルの弱さが課題となったと思います。
 個人としては、常にゴールを意識してやれていたと思います。攻撃だけでなく、守備でもチームに貢献していきたいです」

―現在の課題と強み。
「課題は、局面を1人で打開する力や、球際の強さといった、この力をもっと上げていきたいです。強みは、ボールを収められるようになってきているので、競り合いには自信があり、ゴール前での得点力があることです。今後、課題は克服し、強みは伸ばしていきたいです」

―目標とする選手。
「レヴァンドフスキ選手です」

―今後の目標。
「自分の課題と向き合い、新チームで、チームを勝たせる選手になりたいです」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、日章学園高)
▼関連リンク
2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP