beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:鹿児島城西MF小堀優翔「2年生からチームの中心に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島城西高MF小堀優翔

 九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。上位リーグのD1リーグBパート2位・鹿児島城西高(鹿児島)からはMF小堀優翔(1年=太陽SC出身)が選出された。

―リーグを振り返って。
「自分たちが九州の強豪校に対して通用すること、通用しないことが明確になり、チームにとって多く前進する機会になりました。また、自分たちの攻撃力が九州の強豪に対しても通用することが分かり、とても良かったと感じています。個人としては九州の上手なボランチの選手が多くいて、とても勉強になりました。自分はゴールに直結する決定的な仕事の回数が少ない印象だったので、そこが課題として見つかりました。またロングパスの質やドリブルで剥がすことなど、今後練習で改善し、長所に変えていきたいと思います」

―現在の課題と強み。
「課題としては、ゴール前での仕事・決定的な仕事を増やすことと、『怖い』と思われるようなプレーの回数を増やすことです。強みとしては、チーム全体を見て指示をしたり、中盤の位置からゲームを組み立てることです」

―目標とする選手。
「フレンキー・デ・ヨング選手です」

―今後の目標。
「2年生からチームの中心になり、全国高校サッカー選手権大会に出場することです」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、鹿児島城西高)
▼関連リンク
2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP