beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:鹿児島実DF坂本一慎「目標は鹿児島県3冠+全国制覇」

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島実高(鹿児島)DF坂本一慎

 九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。上位リーグのD1リーグBパート3位・鹿児島実高(鹿児島)からはDF坂本一慎(1年=鹿児島ユナイテッドFC U-15出身)が選出された。

以下、坂本コメント
―リーグ戦を振り返って。
「個人では、1年生のキャプテンとして、多方面からきている十人十色の選手たちを完璧ではないが、チームとして一つにまとめることができたように感じています。球蹴男児U-16リーグを通しての目標である全国大会出場はできなかったが、強豪校との試合を行う度に出てきたいくつもの課題に取り組みながら、毎試合で全力を尽くせたと思います」

―現在の課題と強み。
「現段階での課題は利き足でない方のパスの質、空中戦、球際の部分。強みは長短織り交ぜて後ろからゲームを作り、ゲームを落ち着かせられることです」

―目標とする選手。
「冨安健洋選手です」

―今後の目標。
「目標は鹿児島県3冠+全国制覇です」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、鹿児島実高)
▼関連リンク
2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP