beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:神村学園MF笠置潤「強みは戦術理解とロングキック、縦パス」

このエントリーをはてなブックマークに追加

神村学園高MF笠置潤

 九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。上位リーグのD1リーグBパート4位・神村学園高(鹿児島)からはMF笠置潤(1年=重富中出身)が選出された。

以下、笠置コメント
―リーグを振り返って。
「個人としては、本来は、MFですが、CBを経験させてもらい、プレーの幅を広げることができました。チームとしては勝ち切れずに悔しい思いを何度もしましたが、精神面や技術面で成長することができたと思います」

―現在の課題と強み。
「現在の課題は、フィジカル面の弱さなので、日々の練習で取り組んでいきます。強みは戦術理解とロングキック、縦パスです」

―目標とする選手。
「先輩の永吉飛翔選手と、遠藤航選手です」

―今後の目標。
「(今冬)スタメンになって、日本一になる」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、神村学園高)
▼関連リンク
2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP