beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

選手権の大会優秀選手39人が選んだスパイク【GK・DF編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

(写真協力『高校サッカー年鑑』)


 全国高体連サッカー部技術委員会は11日、第99回全国高校サッカー選手権決勝終了後に同大会の優秀選手39人を発表した。

 選出された39名の着用スパイクを紹介する。

●関連記事:選手権の大会優秀選手39人が選んだスパイク【MF・FW編】

GK


 大会優秀選手に選ばれたGKは韮澤廉(青森山田)、藤井陽登(矢板中央2年)、熊倉匠(山梨学院3年)の3人。GKの着用スパイクメーカー内訳はプーマ2人、アシックス1人となったが、3人に共通するのは人工皮革のアッパーを選んだという点。他のポジションに比べてダイブ等でアッパーが地面と設置するケースが多く、スパイクに耐久性が求められるポジションだけに納得の結果だ。

韮澤廉(青森山田3年)
プーマ『フューチャー 6.1』

藤井陽登(矢板中央2年)
プーマ『フューチャー 6.1』

熊倉匠(山梨学院3年)
アシックス『DSライト アクロス』

DF


 DFには13名が選出された。メーカー内訳はナイキ6人、プーマ、ミズノが2人、アディダス、アシックス、ニューバランスが1人となった。モデル別としては最も着用されたのが軽量性が特徴のナイキ『マーキュリアル ヴェイパー 13』だった。サイドバック、ウィングバックを主戦場とする内田陽介タビナス・ポール・ビスマルク、(青森山田3年)、長田京兵(市立船橋)の3名が着用しており、守備だけでなくサイドから攻撃の起点になることも多く、上下の運動量とスピードが求められるポジションに選ばれた。

 また、次に多く履かれたのが、ナイキ『ティエンポ レジェンド 8』ミズノ『モレリア ネオ 3』の2足だ。石田侑資(市立船橋)、新倉礼偉(矢板中央)、藤原優大(青森山田)、井上太聖(堀越)の4名が着用したが、3バック、4バックに関わらずいずれもセンターバックを務めていた。現代サッカーに必要なDFラインからのビルドアップ、ロングフィードに、天然皮革の柔らかなアッパーが貢献してくれたのかもしれない。

内田陽介(青森山田3年)
ナイキ『マーキュリアル ヴェイパー 13』

タビナス・ポール・ビスマルク(青森山田3年)
ナイキ『マーキュリアル ヴェイパー 13』

藤原優大(青森山田3年)
ミズノ『モレリア ネオ 3』

新倉礼偉(矢板中央3年)
ナイキ『ティエンポ レジェンド 8』

小澤亮太(昌平3年)
ニューバランス『442 PRO』

木内拓海(市立船橋3年)
ナイキ『ファントムヴェノム』

石田侑資(市立船橋3年)
ナイキ『ティエンポ レジェンド 8』

長田京兵(市立船橋3年)
ナイキ『マーキュリアル ヴェイパー 13』※ムバッペ・シグネチャーモデル着用

井上太聖(堀越3年)
ミズノ『モレリア ネオ 3』

一瀬大寿(山梨学院3年)
アディダス『コパ 20.1』

板倉健太(山梨学院3年)
アシックス『DSライト』

孝井捺希(富山一3年)
プーマ『ウルトラ 1.1』

飯田晃明(丸岡3年)
→プーマ『フューチャー 4.1』

全体ではナイキ、プーマが上位に


 39人全体のメーカー内訳は、ナイキ13人、プーマ7人、ミズノ、アシックスが5人、アディダス、ニューバランス、アスレタが3人だった。

 モデル別では、ナイキ『マーキュリアル ヴェイパー 13』が6人で最も着用されており、次いでプーマ『フューチャー 6.1』ナイキ『ファントムGT』の2モデルが3人に着用されていた。


●スパイク専門オンラインストア
 『ゲキサカFC STORE』



●【特設】高校選手権2020

TOP