beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

53歳の三浦知良を伊ファッション誌が特集「永遠のカズ。あらゆるロジックや予測を超える」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 11日に横浜FCと契約を更新した元日本代表FW三浦知良(53)について、ファッション誌『バニティ・フェア』イタリア版が11日、特集を組んだ。

 背番号「11」番にちなんだ1月11日11時11分に、毎年恒例の契約更新をリリースした“キング・カズ”こと三浦。来月26日には54歳の誕生日を迎え、新たな挑戦へと新シーズンに臨むが、そんな日本サッカー界のレジェンドには、イタリア誌も特集を組んで注目し、賛辞を贈った。

 特集では、「スポーツに年齢はない……永遠のカズ・ミウラは54歳でもサッカーを続ける」とのタイトルを掲げて元日本代表FWを紹介。「54歳を迎える日本人選手カズ・ミウラが契約を更新し、偉大なキャリアを延長したとの知らせに、我々は“あらゆることが可能で永遠にプレーを続けることができる世界”へと投げ出されたような気分になる」と驚きを示した。「あらゆる記録、あらゆるロジック、あらゆる予測を超え、ミウラは2021年も、日本のセリエAに相当するJ1リーグの横浜FCでユニフォームに袖を通す」と続け、「ミウラは今日、プロクラブと契約を結んだ最年長の選手となっている」と伝えた。

■セリエAジェノアでプレーした頃のカズは…
 また、三浦のジェノアにおけるキャリアにも言及。「良きミウラはセリエAにもなじみがある。ミウラは1994-95シーズンにジェノアでプレーし、21試合に出場。得点はわずか1ゴールだったが、デルビー・デラ・ランテルナ(ジェノバダービー)における非常に重みのあるものだった」と振り返った。

 さらに当時の日本代表FWについて、「あの頃のミウラはスピードのあるCFで、稲妻のような加速力に加えて基本的な技術もなかなかのものだった。若き日にブラジルでのサッカー修行で身に着けたものだろう」と説明。「まるでアニメの脚本のようだが、これは彼の人生のストーリーだ」と述べた。「わずか1年間でまるで“流星”のようにイタリアに別れを告げた」三浦が、日本やセリエAだけでなく、クロアチアやオーストラリア、ブラジルの名門サントスやパルメイラスでプレーしたことにも触れている。

 また現在の三浦について、「写真では常に笑顔だが、顔には溝が刻まれ、まもなく54歳を迎えるグレーヘアの紳士だ」と表現。しかし「ひざは持ちこたえており、経験は豊富。もちろん情熱も尽きることはない」と綴った。

 最後に「2年ほど前からプロサッカー史上最年長選手となったが、今年はプロ36シーズン目。最初の契約は遥か1986年に遡る。おとといのことかもしれないが、1万年前のように感じる」と振り返った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP