beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「お前に藤原優大のマンマークをさせる」決勝当日に言い渡されたミッションを山梨学院FW久保が遂行

このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨学院FW久保壮輝(3年)(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[1.11 選手権決勝 山梨学院高 2-2(PK4-2)青森山田高 埼玉]

 重要なミッションを遂行し、山梨学院高(山梨)に優勝をもたらした。長谷川大監督が決勝戦で用意したプランのひとつが、浦和内定CB藤原優大主将(3年)へのマンマーク戦術。大一番でセンターバックへのマンマークという初の任務を言い渡されたFW久保壮輝(3年)が起点を封じ、勝利への流れを呼び込んだ。

 長谷川監督に呼び出されたのは決勝当日の朝だった。「お前に藤原優大のマンマークをさせる」。ビルドアップ時に起点となる藤原へのマンマーク。「その戦術は驚いた」と久保自身も仰天の“奇策”だったが、藤原を組み立てに参加させず、ロングフィードの配球を封鎖し、青森山田のリズムを乱すことに成功。 序盤、藤原が受けようとしたボールには鋭く反応し、フィジカルの強さとキープ力を生かしてマイボールにした。

 「いつもこんなことやってるの?」「俺もさっき聞いたんだよね」

 執拗なマークは動揺を誘い、ピッチ上ではそうした会話もあったという。「最終ラインの選手たちがマンツーマンを気にしているように見えた」と久保が振り返れば、藤原は試合後、「どうすればいいのかすぐに頭が回らなくて、コーチにアドバイスを受けた」と戸惑いを明かしていた。前半12分には久保がマークを引き付けてスペースを空け、フリーで受けたMF広澤灯喜(3年)が技ありの先制ゴール。1-0で前半を終える展開に持ち込み、優勝への道筋をつくった。

 今大会は初戦から全6試合に先発し、準々決勝・昌平戦(○1-0)で値千金の決勝ゴール。準決勝・帝京長岡戦(○2-2 PK3-1)でもこぼれ球への素早い反応から先制ゴールに絡んだ。最前線で体を張り、相手守備陣へファーストプレスをかけ続けるなど、献身的な守備で貢献。FW野田武瑠とともに、山学2トップは揃って大会優秀選手に選出された。

 有終の美を飾り、卒業後は関東大学リーグ2部東京国際大へ進学予定。「大学はより高いレベルが求められる。結果を出して、プロになれるように」と次のステージでの進化を見据えた。

(取材・文 佐藤亜希子)

(※山梨学院高の協力により、リモート取材をさせて頂いています)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP