beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川島永嗣、今季3度目のファン投票によるMOMを獲得!ストラスブール今季初の連勝に貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストラスブールGK川島永嗣

 ストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣はリーグ・アン前節ランス戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。

 16位ストラスブールは現地時間9日に行われたリーグ・アン第19節で敵地で8位ランスと対戦し、FWハビブ・ディアッロによる得点で1-0で勝利。そして、9試合連続でゴールマウスを守った川島はクラブ公式ウェブサイト上のファン投票によって、この一戦のMOMに輝いた。

 サイトによると、川島は得点者ディアッロ(31.8%)を抑える形で43.8%のファンたちに選ばれたとのこと。また、そのパフォーマンスについては次のように伝えている。

「2021年の2試合目で2度目のクリーンシート。失点において複雑な年末を過ごしたストラスブールだが、ある程度の守備の強さを取り戻し、エイジ・カワシマもそれに大きく関係。(5-0で大勝した前節)ニーム相手に2度の決定的なセーブを見せた日本代表は、必要とされたときにはまたも決定的な存在となった」

「前半終了間際、同点弾を目指すランスに押し込まれる展開となった中、37歳はフロリアン・ソトカ相手に素晴らしいセーブを見せ、素早くダイブする能力を披露。このセーブによりストラスブールはリードをキープしながらロッカールームに戻ることが許された。3大会のワールドカップに出場した彼は後半はマッサディオ・ハイダラの強烈なシュートにも油断せず、さらに空中戦でもためらうことなくDF陣を助けている」

 なお川島はこれで開幕節ロリアン戦、第12節レンヌ戦に続いて今シーズン3度目のMOMを獲得。ストラスブールの第3GKだったが、シーズン開幕2試合は長期離脱を強いられている正守護神のマッツ・セルス、コロナ感染で出遅れた控えのバングル・カマラの代わりに起用されるも、第3節~第10節まではベンチに。第11モンペリエ戦でスタメン復帰を果たしてからはフル出場が続いている。

●海外組ガイド
●フランス・リーグアン2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP