beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

仙台が生え抜き17年目のMF富田、アカデミー出身MF佐々木と契約更新

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベガルタ仙台は13日、MF富田晋伍(34)、MF佐々木匠(22)との契約を更新したと発表した。

 2005年に東京Vユースから加入した富田は来季が17年目。昨季は左膝前十字靭帯の重傷を負ったこともあり、加入以来初めて試合出場なしに終わった。富田はクラブを通じて「引き続き、ベガルタ仙台の一員としてプレーすることとなりました。昨年の悔しさを原動力にし、結果にこだわってプレーしたいと思います。チームの勝利のために全力を尽くしますので、熱い応援、後押しをよろしくお願いいたします」と意気込みを述べた。

 佐々木は16年にユースから昇格。2年半の武者修行を経て復帰した昨季は12試合に出場した。クラブを通じて「2021シーズンもベガルタ仙台でプレーできることをうれしく思います。みなさまから信頼され、愛されるために全身全霊をかけてプレーします。東日本大震災発生から10年の節目となる年、クラブを愛する多くの方々の思いをひとつにして、ALL VEGALTAの強さを見せましょう。応援よろしくお願いします」と伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP