beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ヘタフェのスペイン代表FWが久保建英とアレニャーに賛辞「チームの完成度が高まる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヘタフェに所属するスペイン代表FWハイメ・マタが新加入選手たちを称賛した。

 ヘタフェは11日に行われたラ・リーガ第18節でエルチェとのアウェー戦を迎え、3-1で勝利した。この試合、加入したばかりの久保建英は1-1で迎えた64分に新天地デビューを飾ると、直後に右サイドから仕掛けてシュート。GKがこぼしたところをハイメ・マタが詰めてゴールを記録し、勝ち越し弾に絡んだ。さらに、3点目のPK奪取につながるクロスを送るなど、効果的な攻撃の起点となった。

 ヘタフェの主力であるハイメ・マタは試合後、インパクトを残した久保とフル出場したカルレス・アレニャーの新戦力コンビを称賛。もともとフィジカルに特徴があったチームの中にテクニックに優れる2選手が加入したことが有益になると確信している様子を示した。

「久保とアレニャーはボールを持つのが好きな選手だ。常にボールを欲しがっているし、それは我々にとっても素晴らしいことだ。チームとして求められる仕事に彼らの特徴が加われば、チームの完成度は高まるだろうね」

 また、指揮官のホセ・ボルダラス監督も「久保とアレニャーの姿勢は素晴らしかった。彼らにとって簡単な状況ではなかったがチームを助けてくれた。我々のグループには素晴らしい人間が揃っている。2人を歓迎しているし、久保たちも早く適応してくれるだろう」と、ゴールに向かう積極性を高く評価していた。

 残留争いのライバルとの大きな一戦を制したヘタフェはこの後、20日に行われる第19節でウエスカと対戦する。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP