beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

苦しんだ2年間…新天地求めた千葉FW岩崎悠人「すべて出し切って戦いたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェフユナイテッド千葉FW岩崎悠人

 黄色のユニフォームに身にまとったジェフユナイテッド千葉FW岩崎悠人は「チームを勝利に導けるように頑張っていきたい」と新たなスタートを切った。

 1998年6月11日生まれの22歳は、17年に京都橘高から京都に加入。19年には札幌への移籍を果たしたが、思うように出場機会をつかめず。翌年、期限付き移籍で加入した湘南でも本領を発揮するには至らなかった。

 迎えた今季、新たな決断を下す。それが、千葉への期限付き移籍だった。「僕自身、一昨季と昨季はJ1でなかなか試合に出られず、結果も残せずに苦しいシーズンを過ごした。もう一度、自分のプレーを出したいとの思いでいたところ、ジェフさんから声をかけて頂いた」。カテゴリーは下がるかもしれない。しかし、与えられた舞台で、改めて自身の持ち味を発揮していこうとしている。

 J1クラブで過ごした2シーズン。ピッチ上で活躍する場面は限られたが、「札幌では今までに体験したことのないミシャさん(ペトロヴィッチ監督)のサッカーに触れて勉強になり、湘南ではアグレッシブなプレーで自信を取り戻せた」とプラスに捉えている。

 21年には、1年延期された東京五輪が開催される予定だ。常々語ってきたように本大会のメンバー入りは一つの目標となるが、その前にやるべきことがある。「チームのために戦う献身性や運動量、ゴールに仕掛けるドリブル」という特長を出し、「今年のチームの目標であるJ1昇格に向けて自分の持てる力をすべて出し切って戦いたい」とまずは新天地での活躍を目指す。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2021年Jリーグ移籍情報

TOP