beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大津祐樹が横浜FMに別れ…磐田へ完全移籍「このまま引退するまでマリノスか…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW大津祐樹が磐田へ

 横浜F・マリノスは15日、FW大津祐樹(30)がジュビロ磐田へ完全移籍することを発表した。

 18年に柏から完全移籍で加入した大津は19年のJ1リーグ制覇に貢献。今季は12試合の出場にとどまった。横浜FMを通して、以下のコメントを発表している。

「このたび、横浜F・マリノスからジュビロ磐田へ移籍することになりました。

『すべてはマリノスのために』
 これまで常に、この思いを胸にプレーしてきました。F・マリノスでプレーをする中で、日に日にクラブのことが好きになり、自分にとってこのクラブがかけがえのない存在になりました。F・マリノスの社長、監督、強化部をはじめクラブから、大きな評価とリスペクトをとても感じる話をいただきました。そんな中、このオフシーズンにジュビロ磐田から正式な獲得オファーをいただき、2021年シーズンにかけるジュビロ磐田のビジョンやクラブの本気度、覚悟、かなりの熱を感じました。

 このまま引退するまでF・マリノスでプレーをし続ける選択肢か、オファーを受けジュビロ磐田へ移籍する選択肢。決め切ることができずにとても悩み、なかなか答えを出すことができませんでした。ただ、1人のサッカー選手としてこれまでもそうしてきたように『常に挑戦をし続けたい』。この思いからジュビロ磐田に移籍する事を決断しました。これまで応援し続けてくれたF・マリノスのファン、サポーターの皆様、ここまでF・マリノスを好きになれたのも、ファン、サポーターのおかげです。良い時も悪い時も1つになりこんなに選手とファン、サポーターが繋がっている感覚は人生初めてでした。

『すべてはマリノスのために』
 共に闘ってきた3年間、本当にありがとうございました」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021シーズン新体制&背番号一覧
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP