beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

徳島の若手コンビがレンタル…MF森田は奈良クラブへ、FW坪井はアルビレックス新潟シンガポールへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 徳島ヴォルティスは15日、MF森田凜(18)の奈良クラブへの育成型期限付き移籍、高知ユナイテッドSCに期限付き移籍していたFW坪井清志郎(20)のアルビレックス新潟シンガポールへの期限付き移籍を発表した。

 森田は昨季、育成組織からトップ昇格も、試合出場はなかった。クラブ公式サイトを通じ、「奈良クラブでガムシャラに頑張って試合で活躍します!成長して徳島の皆さんに応援してもらえる選手になって帰ってきます!」と伝えている。

 富山一高から2018年に加入した坪井は、19年にブラウブリッツ秋田へ、20年には高知ユナイテッドへレンタルされていた。昨季JFLで11試合1得点を記録。「プロ生活をスタートさせてもらった徳島から、3年連続での期限付き移籍になりました。徳島の力になれないことはとても残念ですが、また成長して帰ってこられるように、一日一日を大切に過ごしていきます」とコメント。「必ず成長した自分の姿を見せられるように覚悟を持って必死に取り組んでいきます」と意気込みを伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021シーズン新体制&背番号一覧
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP