beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:ルーテル学院MF高野虎之介「自分の強みは、運動量とショートパス、スルーパスの精度」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルーテル学院高MF高野虎之介

 九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。D2リーグBパート2位・ルーテル学院高(熊本)からはMF高野虎之介(1年=ルーテル学院中出身)が選出された。

以下、高野コメント
―リーグ戦を振り返って。
「4試合ボランチとして出場したのですが、ボールを保持してリズムを作ったり、試合の流れをコントロールしたりすることが出来ず、早い展開やロングボールが多くなってしまいました。自分のところでボールを落ち着かせて展開できると良かったと思います。
 自分が思う一番恐いボランチは、得点力のある選手だと思います。球蹴男児リーグでは1点しか取ることが出来なかったので、もっと得点にこだわってトレーニングしていこうと思います。
 チームは4試合負けなしというのは良かったですが、引き分けだった試合は相手にボールを握られる展開が多く、粘り強い守備はできたのですが、少ないチャンスをものにする勝負強さが自分たちに足りなかったと思います。また、試合を通してロングボールが多かったのを、グループでイメージを共有して相手を崩してゴールまで向かえるように、チームとして技術や判断のスピードを向上させていく必要があると感じました」

―現在の課題と強み。
「自分の課題は、ロングボールの精度とミドルシュートの質です。ロングボールはズレたり、飛距離が短くカットされることが多かったので、反復練習を繰り返して、一番いいフォームを身につけていきたいです。ミドルシュートはボランチとして得点力を上げるために練習で取り組んでいきたいです。
 自分の強みは、運動量とショートパス、スルーパスの精度です。試合開始から終了まで攻守ともに走って、自分のラストパスで試合を決めるのが強みです」

―目標とする選手。
「自分の憧れの選手は、デイビッド・ベッカム選手です。理由は、マンU時代1試合平均14km走り、正確で質の高い長短のパスでチャンスを作り、チャンスがあれば自分で決める決定力も備えている選手だからです」

―今後の目標。
「自分はルーテル学院中学で、九州リーグ降格という悔しい経験をしました。その悔しさを全国制覇という形で晴らし、指導者の方・保護者の方たちに恩返しをしたいと思っています。全国中体連では、ベスト8で青森山田中学校に負けてしまったので、高校でリベンジしたいと思います」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、ルーテル学院高)
▼関連リンク
2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP