beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ネイマールとゴンサレスの確執が再燃「ゴミ」「お前は俺の影」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 パリSGのFWネイマールマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスがトロフェ・デ・シャンピオン(フランス・スーパーカップ)後、再び確執を深めた。『ESPN』が伝えている。

 パリSGがフランス・スーパーカップを制したあと、両選手はSNS上で激しいメッセージの応酬をした。昨年9月、ネイマールがリーグ戦でゴンサレスに人種差別を受けたと非難したことで、2選手の諍いは大きな話題を呼んでいた。

 ゴンサレスはネイマールは負けを学ぶ必要があると主張し、この疑いを激しく否定した。この試合では、ネイマールがDF酒井宏樹に向けて人種差別的な発言をしているところがカメラに撮られていたが、フランスリーグの懲戒委員会ではなんの措置も取られなかった。

 ゴンサレスはその後、彼のもとに死の脅迫が届いていたことを明らかにし、ネイマールのような人は尊敬にも憧憬にも値しないと述べた。

 パリSGの2点目を決めたネイマールは、優勝を祝う写真のキャプチャに「俺が王様だろ、アルバロ?」と書き込んでおり、反感を買った。

 試合中もネイマールに何度かファウルをしたゴンサレスは、試合中にネイマールを掴んでいる写真を投稿し、「僕の両親は、いつもゴミを出すように教えてくれた」とコメントした。これに対し、ネイマールは「そして君は、どうやってタイトルを獲るのか忘れたわけだ」と反論。

 するとゴンサレスは、ブラジルのレジェンドであり“王様”の愛称で知られているペレの写真を投稿し、「王様の永遠の影」とネイマールを揶揄した。ネイマールはこれに対し、「で、お前は俺の影ってわけだ。これで有名になれたね。どういたしまして、スターさん」と書き込んだ。

 ネイマールとゴンサレスは2月7日のリーグアンで再び対戦する。

TOP