beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:熊本学園大付DF田上皓晟「自分がこのチームを全国大会に連れて行く」

このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本学園大付高DF田上皓晟

 九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。D2リーグBパート4位・熊本学園大付高(熊本)からはDF田上皓晟(1年=ブレイズ熊本出身)が選出された。

以下、田上コメント
―リーグ戦を振り返って。 「結果から見て、何ひとつ得られてないのが今の正直な気持ちです。チームのベースをもっと
一人ひとりが追求していかないと、組織で戦えないと感じました。チームとしての我慢強さが足りないリーグだったと思います。
 個人としては失点が多く、まだまだ力不足を感じました。また90分というゲームの運び方を学びました」

―現在の課題と強み。
「DFのラインコントロールやリスク管理がまだまだ足りていないです。また、ヘディングやキックの質はまだまだ伸ばしていかないといけないと感じています。
ストロングポイントは声で人を動かすことや対人の強さです。また、攻守において的確な判断、スピードが持ち味です」

―目標とする選手。
「原輝綺選手です」

―今後の目標。
「新人戦に向けて自分自身のウィークポイントを改善し、DFラインの中心選手となってチームを引っ張っていきたい。
 また、4年前に兄が総体、選手権ともに大津に準々決勝で敗戦しました。兄とも約束した自分がこのチームを全国大会に連れて行くことを目標に日々精進していきたい」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、熊本学園大付高)
▼関連リンク
2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP