beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

コロナ禍での五輪開催…川淵三郎氏が「日本に与えるポジティブな影響」語る

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京五輪開催へ前向きな姿勢を示した川淵三郎氏

 Jリーグ初代チェアマンや日本サッカー協会(JFA)会長を歴任し、現在は日本トップリーグ連携機構会長などを務める川淵三郎氏が15日、自身のツイッター(@jtl_President)を更新し、東京オリンピック・パラリンピック開催へ前向きな姿勢を示した。

 新型コロナウイルスの影響で今年夏に延期された同大会を巡っては、いまだ感染拡大が止まらない状況から開催に否定的な意見が多い。

 同大会で選手村の村長を務める川淵氏は「IOCがオリパラを強行開催しようとするのは高額な放送権料の為だとメディアはいう」と論調を取り上げた上で、「仮にそうであっても日本社会に与えるポジティブな影響という視点から見てみよう」と提案。「暗く陰鬱な社会を、十分なコロナ対策を講じた上でのオリパラの開催は人々に夢と勇気と希望と感動を与える唯一最大のイベントだと思う」と開催のメリットを語った。

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

TOP