beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:那覇西GK新垣碧斗「チームに勢いをもたらすことのできるGKになりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

那覇西高GK新垣碧斗

 九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。那覇西高、宜野湾高、西原高、那覇高の4チームが試合数を分け合う形でD2リーグに出場予定だった「チーム沖縄」は、県外チームと戦うことができなかったが、県内チーム同士で交流戦を実施。那覇西高(沖縄)からはGK新垣碧斗(1年=小禄中出身)が選出された。

以下、新垣コメント

―リーグ戦を振り返って。
「今年度、那覇西高校へ入学して2020球蹴男児U-16リーグへ参戦することをとても楽しみにしていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で九州へ行けず試合をすることができませんでした。そのような中で、毎日サッカーできることは幸せなことだと感じることができ、大会が行われることについても改めて色々な方々へ感謝の思いを持つようになりました。
 その中で、県内で行われた県総体・選手権予選を通して、私はメンバー入りすることができ、色々なことを経験することができました。今後は、この経験を活かしてチームを引っ張っていけるよう成長していきたいです。1年生チームは、先輩のかっこいい姿を見て多くのことを学びました。県内1年生リーグなどで課題が多く見つかったので、そこを改善して高い目標を持ち頑張っていきたいです」

―現在の課題と強み。
「私の課題は、ロングキックの精度とビルドアップ時の関わりの正確さです。セービングやハイボールは自分の強みだと思っています。
 1年生チームの課題は、球際の強さやビルドアップの正確さです。強みは個性豊かなメンバーで繰り広げられる攻撃のアイディアが多数あることです。この攻撃の質をもっと高められるようにしていきたいです」

―目標とする選手。
「ノイアー選手とエデルソン・モラエス選手です」

―今後の目標。
「今後は、個人の課題をしっかりと改善していき、そしてチームを引っぱることができる存在になり、チームに勢いをもたらすことのできるGKになりたいです。1年生は、先輩が築いてきた伝統をしっかりと守り、そして超えていけるチームになりたいです」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、那覇西高)
▼関連リンク
2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP