beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:宜野湾MF仲里海光「観ている人達に勇気を与えられるようなプレーを」

このエントリーをはてなブックマークに追加

宜野湾高MF仲里海光

 九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。那覇西高、宜野湾高、西原高、那覇高の4チームが試合数を分け合う形でD2リーグに出場予定だった「チーム沖縄」は、県外チームと戦うことができなかったが、県内チーム同士で交流戦を実施。宜野湾高(沖縄)からはMF仲里海光(1年=FC琉球U-15出身)が選出された。

以下、仲里コメント

―リーグ戦を振り返って。
「今年は新型コロナウィルスの影響もありながら、球蹴男児の試合で九州に行くことはできませんでしたが、球蹴男児に参戦している沖縄のチーム同士での試合や沖縄県U-16ーグなど、限られた試合の中でチーム一丸となり、全力で戦えたのは良かったです。
 個人としては、まだまだゴール前での迫力や決定力が足りないので、これから磨いていきたいと思います。チームとしては、一戦一戦勝つことにこだわり、技術面やメンタル面で成長できたので良かったです」

―現在の課題と強み。
「課題は、フィジカルや対人の強さ、シュートの精度です。強みは、ゴールに向かう姿勢やシュートやラストパスをすることです」

―目標とする選手。
「川崎フロンターレの大島僚太選手です」

―今後の目標。
「沖縄県で優勝し、全国へ行くという強い思いを持ち、日頃の練習から仲間達と高め合い、観ている人達に勇気を与えられるようなプレーをしたいです」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、宜野湾高)
▼関連リンク
2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP