beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東Rookie League]C LeagueベストDF:日体大柏DF森田修士「千葉県を制して全国大会に出場し、ベスト8以上を」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「2020 関東Rookie League」C LeagueベストDF獲得した日体大柏高DF森田修士

 関東・静岡の強豪校の1年生たちがリーグ戦で力を磨く「2020 関東Rookie League」は11月23日の閉幕後、各賞受賞者を発表した。C League最少失点チームのDFもしくはGKに与えられるベストDFは、日体大柏高(千葉)のDF森田修士(アイデンティみらいU-15出身)が獲得。前への強さやハードワークを特長とし、Cリーグ優勝にも貢献した森田が、「2020 関東Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―CリーグのベストDFに選ばれましたが、受賞した感想を教えてください。
「リーグ開幕時は、ケガで出場することができず苦しみましたが、チームに迷惑をかけた分強い気持ちで試合に望み、リーグ最少失点で優勝、ベストDF賞をいただき、とてもうれしいです」

―本年度のルーキーリーグを振り返って、リーグ戦中に自分が出せたところは?
「1対1の対人やパスカット、カバーリング、ビルドアップなど周りの選手と良い連携が取れていたので、自分の強みを発揮することができました」

―課題となったところは?
「課題はいっぱいありますが、特にラインコントロールが課題です」
 
―自分のプレーで見て欲しいところについて、教えて下さい。
「チームのためにハードワークをするところと、1対1の強さや相手の縦パスに対する強さ、そして得点につながるビルドアップです」

―憧れの選手は?
「リバプールのファン・ダイク選手です。ファン・ダイク選手のように、1対1の強さとカバーのポジショニングやビルドアップなどでチームの中心にとなって支えられる選手になりたいです」

―今後の個人の目標について。
「守備面では、対人や球際のところをさらにレベルアップしていきたい! 攻撃面では、得点の起点となるビルドアップの精度を上げていきたい」

―チームの目標は?
「強豪校が多い千葉県を制して全国大会に出場し、ベスト8以上を目標に取り組んでいきたい」

(取材協力 日体大柏高校サッカー部、スポーツらぼ御殿場 構成 吉田太郎)
▼関連リンク
●2020 関東Rookie League特集ページ

TOP