beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

冨安健洋がMOMに選出される活躍…現地メディア「守備の巨人」

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF冨安健洋が現地メディアからMOMの評価

 ボローニャの日本代表DF冨安健洋が、ベローナ戦で現地メディアからの高評価を獲得している。

 ボローニャは16日、セリエA第18節でベローナと対戦。冨安はセンターバックで先発すると、ベローナの攻撃陣を見事に完封。チームも1-0と勝利し、リーグ戦では9試合ぶりとなる白星を手にしている。

 イタリア『スカイ』では冨安に対して「7」の採点を与え、マン・オブ・ザ・マッチに選出。『トゥットメルカート』でも「7」の採点で、チーム最高タイに。「(ベローナFW)カリニッチを完全に封じ、空中戦、地上戦で常に先手を取った」を記された。

 また、『スポルト・メディアセット』では、単独最高評価となる「7」の採点に。「まさに守備の巨人だった。ほぼすべてのデュエルを制していた」と称賛を浴びている。

 冨安は今シーズン、リーグ戦全18試合に出場。ボローニャの欠かせない戦力となっている。

●海外組ガイド
●セリエA2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP