beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

赤嶺真吾が地元沖縄へ! 岡山から琉球に完全移籍「沖縄を盛り上げられるように」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 FC琉球は18日、ファジアーノ岡山からFW赤嶺真吾を完全移籍で獲得したことを発表した。

 赤嶺は2016年から5シーズン在籍した岡山を離れ、出身地の沖縄へ。2020シーズンはJ2リーグ31試合に出場した。琉球を通じて、「地元沖縄のFC琉球でプレー出来る事は、楽しみで嬉しく思います。沖縄を盛り上げられるように全力で頑張ります!熱い声援をよろしくお願いします」と意気込み。

 岡山を通じて、以下のコメントを発表している。

「ファジアーノ岡山のファン、サポーター、クラブ関係者の皆さま、5年間ありがとうございました。J1昇格という目標達成はできなかったですが、ファジアーノ岡山のユニフォームを着て闘えたことは誇りに思います。自分はチームを離れますが、今年もファジアーノ岡山への熱い声援をよろしくお願いします。またCスタで成長した姿を見せられるように頑張ります。ありがとうございました」

以下、プロフィール

FW赤嶺真吾
(あかみね・しんご)
■生年月日
1983年12月8日
■出身地
沖縄県那覇市
■身長/体重
180cm/78kg
■経歴
FC小禄-小禄中-鹿児島実業高-駒澤大-FC東京-仙台-FC東京-仙台-G大阪-岡山-G大阪-岡山

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021シーズン新体制&背番号一覧
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP