beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

板倉滉の安定感を物語るファン投票… 6戦連続チーム3位以内の評価、今季ランク外は3戦のみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

フローニンゲンで安定感を見せるDF板倉滉

 日本代表DF板倉滉はオランダのフローニンゲンで抜群の安定感を発揮しているようだ。エールディビジ第17節まで、クラブ公式ウェブサイト上のファン参加の『マン・オブ・ザ・マッチ・センター』で最も多くの点数を獲得している。

 マンチェスター・シティからレンタルで加わっている板倉は、フローニンゲンで今季ここまでリーグ戦全17試合にフル出場。そして、周囲もそのセンターバックとしてのパフォーマンスを高く評価している模様だ。17日にホームで行われた第17節トゥエンテ戦(2-2)でのプレーも、サイト上では得点者のFWヨルゲン・ストランド・ラーセンに次ぐチーム2位の評価を得ている。

 1位に3ポイント、2位に2ポイント、3位に1ポイント与えられるこのシステムにおいて、板倉はこれで6試合連続で3位以内にランクイン。最後にMOMに選ばれたのは先月23日のヘラクレス戦となっているものの、以降の3試合はいずれも2番目に多い票が集まっており、総合ポイントを24ポイントに伸ばし、17ポイントの2位ラーセンに大きな差をつけながらランキング首位を快走している。

 また、板倉が『マン・オブ・ザ・マッチ・センター』で今季MOMを獲得したのは前述のヘラクレス戦と昨年9月の第2節ADOデンハーグのみとなるが、2位および3位にはそれぞれ6回ずつランクイン。3位以内に選ばれなかったのは17試合中3試合となっている。攻撃的なプレーヤーが選ばれがちのアンケート形式だが、23歳DFはフローニンゲンのサポーターたちの間では頼もしい存在と見られているようだ。

 なお、今月14日のビレム戦で海外移籍後初ゴールを決め、3-2の逆転勝利に貢献した板倉のフローニンゲンへのレンタルは今夏まで。現在のパフォーマンスを続ければ、年間最優秀選手としてクラブを去る可能性もあるかもしれない。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP