beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西U-16~Groeien~]優秀選手:東大阪大柏原MF小林瑠「自分の強みは中盤での展開力」

このエントリーをはてなブックマークに追加

東大阪大柏原高MF小林瑠

 関西地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図ることを目的とする「関西U-16~Groeien~2020」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。G2リーグ9位の東大阪大柏原高(大阪)からはMF小林瑠(1年=平田中出身)が選出された。

以下、小林コメント

―リーグ戦を振り返って。
「中々勝てなくて厳しい結果が続きましたが、試合を重ねるごとに、得点できるようになり、やっとの思いで勝ち星を挙げる事ができたのでそこは良かったと思います。中学生の頃にやっていたポジションとは違うポジションで、初めは戸惑いがありましたが、節を重ねるごとに自分の良さを出せたかなと思います」

―現在の課題と強みは?
「失点が多い事と、ウォーミングアップでチームとして、良い雰囲気を作る事ができれば、試合の入りも良い強度で試合に入れるけれど、ウォーミングアップの雰囲気が良くない時は自分達でスイッチを入れる事ができない事。守備のベースが前線からの守備なので、中央を閉めて全体の距離感が間伸びしていない時は良い守備ができて、そこからのカウンターに繋げる事が出来る事。どのチームの同じポジションの選手より、足元の技術が足りないとリーグを通して痛感しました。なので、朝練で技術的な練習をしているので、そこでしっかり意識をして取り組んでいます。 
 自分の強みは、中盤での展開力です。同サイドを崩せない時などは、中盤で顔を出して横パスをもらい、そこからロングレンジのパスで逆サイドに展開するなど、意識してプレーしています」

―目標とする選手は?
「チアゴ・アルカンタラ選手です」

―今後の目標を教えて下さい。
「Aチームでレギュラーになり、どんな相手でも冷静に落ち着いてプレーできて、ゲームをコントロールする事ができる選手になりたいです」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、東大阪大柏原高)
▼関連リンク
関西U-16~Groeien~2020特集ページ

TOP