beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本代表コーチに上野優作氏が就任…現役時代に森保監督とプレー

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表コーチに就任する上野優作

 日本サッカー協会(JFA)は21日、日本代表のコーチングスタッフとして、上野優作氏がコーチに就任したことを発表した。

 1973年11月1日生まれの上野氏は、96年に筑波大から福岡に加入。00年に移籍した広島では、日本代表の森保一監督とともにプレーした。その後、京都、新潟、広島、栃木を渡り歩き、08年に現役を引退。

 10年に栃木コーチに就任して指導者の道を歩み始めると、その後、栃木でヘッドコーチ、アカデミーダイレクター兼ユース監督、トップチームヘッドコーチを務め、15年から浦和ユースコーチに。18年に浦和で育成ダイレクター兼ユース監督を務め、19年から浦和ヘッドコーチを務めていた。

TOP