beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「FC東京を代表するような選手に」“トーキョー愛”のトップ昇格DF大森理生が意気込み

このエントリーをはてなブックマークに追加

新体制発表会に出席したDF大森理生

 小学4年生からFC東京のアカデミーで育ち、トップ昇格を決めた期待株だ。新体制発表会に出席したDF大森理生(←FC東京U-18)は「FC東京に入ってからこのチームに対する愛は深まってきた。FC東京を代表するような選手になっていきたい」と“トーキョー愛”をにじませた。

 コロナ禍の昨季はU-23チームがJ3参加を辞退していたが、高校2年生だった19年には2種登録選手として、J3リーグ21試合に出場した。世代別の日本代表にも選出される183cmの大型センターバックはビルドアップとロングフィードを武器に、攻撃チャンスを創出できる強みがある。

「ロングフィードと、ビルドアップでサッカーを作っていくところを使い分けながら、周りの選手を生かせるようなプレーを心掛けていきたい」

 背番号は「34」に決定。「3は付けたことがあったんですが、今までサッカーをやってきて、二桁でも4番が付いたことがなかった。新しい気持ちで34番でいこうと、この番号を選ばせてもらいました」。目標の選手と公言する森重真人ら先輩CB陣の背中を追いつつ、定位置を争うプロ1年目のシーズンへ。「自分の役割をしっかり全うすること。連戦になるのでチームにとって欠かせない存在になれるように、自分が出た試合で必ず勝ち点3を取りたい」とルーキーイヤーの目標を掲げた。

(取材・文 佐藤亜希子)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021シーズン新体制&背番号一覧
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP