beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

新加入MF小泉佳穂&2年目MF武田英寿がゴール!浦和が今季初の練習試合

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF小泉佳穂(左)とMF武田英寿

 24日から沖縄キャンプ中の浦和レッズが29日、リカルド・ロドリゲス新監督就任後初となる練習試合(30分×3本)を行い、沖縄SV(九州リーグ)に1-0、0-0、1-0の合計2-0で勝利した。

 新加入選手が多く入った1本目は立ち上がりこそ押し込まれるシーンが目立ったが、15分過ぎから徐々にリズムをつかみ、18分にチャンスが到来。MF汰木康也のパスを受けた新加入のMF小泉佳穂(←琉球)が左足で巧みなシュートを打ち、先制に成功した。

「顔を覚えてもらうまでは目立つ感じでいこうと思っています」と金色に髪を染めた小泉にとって、沖縄は青学大を卒業した19年から昨年までの2年間を過ごしたプロ原点の地。ゴールシーン以外でも積極的にボールに絡み、豊富な運動量もアピールした。

 3本目の22分にも若い力が躍動した。左サイドのMF関根貴大からのパスに合わせたのは高卒2年目のMF武田英寿。ボランチの位置からバイタルエリアに侵入し、利き足の左足でグラウンダーのシュートを打ち、ゴールネットを揺らした。今季は全国高校選手権2年連続準優勝の青森山田高から1年後輩のDF藤原優大も新加入。2人そろって公式戦に出る姿を一日も早く見たいと、サポーターの期待も大きい。

 ロドリゲス監督は試合前、選手たちに「練習試合であろうと結果にこだわろう」と声をかけており、指示通りの初陣勝利となった。試合後、オンライン取材に応じたDF岩波拓也は「練習でやってきた形を出せたことは良かった」と納得の表情を浮かべていた。

(取材・文 矢内由美子)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021シーズン新体制&背番号一覧
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP