beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ゲキサカ×高校選抜候補]昌平DF小澤亮太(3年)「自分の武器は縦への推進力と運動量」

このエントリーをはてなブックマークに追加

昌平高の攻撃的左SB小澤亮太。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 日本高校選抜が、1月22日から25日まで選考合宿を行った。選考合宿には第99回全国高校サッカー選手権の優秀選手から30名が参加。練習試合や3チームに分かれての巴戦などを実施し、23名の日本高校選抜メンバー入りを争った。日本高校選抜はこの後、「NEXT GENERATION MATCH」(2月)などに出場する予定。ゲキサカは21年の日本高校選抜をサポートするニューバランスと高校サッカー年鑑の協力で選考合宿参加選手にアンケート取材を実施した。

 選手権で2年連続8強入りした昌平高(埼玉)のDF小澤亮太(3年、日本体育大進学予定)はU-18日本代表候補の攻撃的左SB。技巧派揃いのチームにスピードと運動量でアクセントを加え、何度もチャンスを作り出した。選考合宿でも狭い局面を強引に打開する力や運動量を発揮していた小澤が、選手権の感想や選考合宿で感じたこと、21年の目標などを語った。

以下、小澤コメント
―高校サッカー選手権(個人、チームとして)の感想を教えて下さい。
「目標である全国優勝は成し遂げることができませんでしたが、このチームで戦えたことはとても幸せでした。個人としては、自分の特徴を発揮できたので良かったです」

―日本高校選抜の合宿で感じたことを教えて下さい。
「自分の特徴や味方の特徴を伝え合い、上手くいかない部分を修正するなどコミュニケーション力が大切だと感じました」

―自分自身の現状の武器・課題をどのように変えていきたいですか?
「自分の武器は縦への推進力と運動量です。課題は左足のクロスやクサビのパスなので、日頃からしている練習をこれからも継続していきたい」

―負けたくないライバルは誰ですか?
「市立船橋高校のDF木内拓海と昌平高校のDF田島魁人です」

―普段履いているスパイクとその理由を教えて下さい。
「ニューバランスの442 PRO コバルト/ホワイトです。フィット感に優れていて、タッチがしやすい、そして軽いところが良いです」

―2021年の目標を教えて下さい。
「大学1年目からでも試合に出られるように頑張っていきたいです」

(取材協力=ニューバランス、高校サッカー年鑑)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP