beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ゲキサカ×高校選抜候補]帝京長岡FW酒匂駿太(3年)「日本一を獲れなくて悔いが残っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

帝京長岡高FW酒匂駿太は選考合宿で右SBを務めていた。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 日本高校選抜が、1月22日から25日まで選考合宿を行った。選考合宿には第99回全国高校サッカー選手権の優秀選手から30名が参加。練習試合や3チームに分かれての巴戦などを実施し、23名の日本高校選抜メンバー入りを争った。日本高校選抜はこの後、「NEXT GENERATION MATCH」(2月)などに出場する予定。ゲキサカは21年の日本高校選抜をサポートするニューバランスと高校サッカー年鑑の協力で選考合宿参加選手にアンケート取材を実施した。

 帝京長岡高(新潟)FW酒匂駿太(3年、拓殖大進学予定)は、前回大会で右SBのレギュラーとして4強。怪我を乗り越えて出場した2度目の選手権は、右SB、右SH、そしてFWとしてもプレーし、スピードや突破力を発揮して再び4強入りに貢献した。選考合宿では右SBとして対人守備などで奮闘していた酒匂が、選手権の感想や選考合宿で感じたこと、21年の目標などについてコメントした。

以下、酒匂コメント
―高校サッカー選手権(個人、チームとして)の感想を教えて下さい。
「自分の納得のいくプレーが出来なかったです。日本一を獲れなくて悔いが残っている」

―日本高校選抜の合宿で感じたことを教えて下さい。
「初めて一緒にプレーする人と合わせることの難しさ」

―自分自身の現状の武器・課題をどのように変えていきたいですか?
「守備の1対1。90分走り続ける体力が無いので、走りのメニューを多く取り入れたいです」

―負けたくないライバルは誰ですか?
吉田晴稀(愛媛FC)です」

―普段履いているスパイクとその理由を教えて下さい。
「アディダスのエックスゴーストです」

―2021年の目標を教えて下さい。
「スタメンで試合に出て、活躍する」

(取材協力=ニューバランス、高校サッカー年鑑)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP