beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ゲキサカ×高校選抜候補]米子北FW崎山友太(3年)「初心を忘れず、より高い所を目指してやっていきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

米子北高のエースFW崎山友太は選考合宿で存在感のある動きを見せた。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 日本高校選抜が、1月22日から25日まで選考合宿を行った。選考合宿には第99回全国高校サッカー選手権の優秀選手から30名が参加。練習試合や3チームに分かれての巴戦などを実施し、23名の日本高校選抜メンバー入りを争った。日本高校選抜はこの後、「NEXT GENERATION MATCH」(2月)などに出場する予定。ゲキサカは21年の日本高校選抜をサポートするニューバランスと高校サッカー年鑑の協力で選考合宿参加選手にアンケート取材を実施した。

 山陰の強豪校、米子北高(鳥取)のエースFW崎山友太(3年、駒澤大進学予定)は初戦で優勝校・山梨学院高(山梨)に敗れたものの、評価を得て高校選抜候補入り。選考合宿でも前線でのハードワークやスピードに乗った仕掛けで目立つ動きを見せていた崎山が、選手権の感想や選考合宿で感じたこと、21年の目標などについてコメントした。

以下、崎山コメント
―高校サッカー選手権(個人、チームとして)の感想を教えて下さい。
「まず、このような状況下の中で選手権を開催して頂いた全ての方々に感謝しています。自分は、全てを出し切れないまま初戦敗退に終わってしまいました。1、2年生はこの経験を活かして来年頑張って欲しいです」

―日本高校選抜の合宿で感じたことを教えて下さい。
「パス、シュート技術はとてもレベルが高いのに加え、パスの受け方やポジショニングなど考えてプレーすることができていて、判断のスピードが速かったです」

―自分自身の現状の武器・課題をどのように変えていきたいですか?
「自分の武器はスピードを活かしたプレーだけど、良いポジションを取ってよりゴールに近づくことができるようにならないといけない」

―負けたくないライバルは誰ですか?
中田来輝(米子北)です。沖縄に居た頃からチームは違っても一緒にプレーしていたし、大学は同じ関東に進学するので負けたくない」

―普段履いているスパイクとその理由を教えて下さい。
「ウルトレッツァ(プーマ)です。足の幅が自分に合っていてフィットしているのと、力強いステップができるからです」

―2021年の目標を教えて下さい。
「大学進学後は、また1年生から始まるので初心を忘れず、より高い所を目指してやっていきたいですし、すぐにトップチームの試合で点を取る」

(取材協力=ニューバランス、高校サッカー年鑑)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP