beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

Jユース勢のDF伊藤やMF飯星、高体連からはFW岩崎、FW岩澤、MF横畑、MF赤嶺らが九州産業大へ進学

このエントリーをはてなブックマークに追加

2年時に選手権でゴールを決めている筑陽学園高のエースFW岩崎巧九州産業大へ進学

 20年九州大学サッカーリーグ4位、『#atarimaeni CUP』に出場した九州産業大が、21年度の入部予定選手を発表した(協力=九州産業大、College Soccer Central)。

 Jクラブユースからは国体福岡県選抜の万能型DF伊藤智央とサイドプレーヤーのDF新村仁一楼(ともにアビスパ福岡U-18)、ロアッソ熊本ユースのキャプテンで左足の展開力秀でたMF飯星明良と身体の強さを活かした攻守が特長のSB値賀悠妃、スピードのあるサイドDF池田速斗(V・ファーレン長崎U-18)も九産大へ進学する。

 FW岩崎巧は2年時に全国高校選手権1回戦で決勝ゴールを決め、3年時には筑陽学園高(福岡)のエース番号「7」を背負った俊足ストライカー。名門・滝川二高(兵庫)を前線で牽引したテクニカルなFW岩澤秀人、2年時の選手権に出場しているMF横畑匠海(興國高)はトラップの質、ドリブルのスキルの高さが印象的なプレーヤーだ。また国体熊本県選抜の一員として19年国体でゴールを決めているMF菊地雄太(東海大熊本星翔高)、スーパープリンスリーグ東海4位・浜松開誠館高(静岡)で先発も務めた184cmGK小窪太斗も九産大へ進学する。

 福岡の新鋭、飯塚高からは注目の快足アタッカーMF赤嶺泰地と最終ラインの中心選手であるCB早川輝、崩しとフィニッシュでも力を発揮するMF坂野翔、そして昨年の九州新人大会でゴールも決めているFW河野奎吾の4選手が加入する。

 また、縦への力あるSB川浪喜隆(滝川二高)、新人戦大分王者・大分西高のCB上野翔真主将、鹿児島4強・鹿児島高の最終ラインの柱を担ったCB小濱大周、ポストワーク秀でたFW有村秀斗(興國高)、筑陽学園中・筑陽学園高でプレーしたMF渡辺力雅、熊本準V・熊本国府高のDF新郷友基、宮崎4強・延岡学園高のストライカーFW佐伯大岳、熊本16強・慶誠高のチームリーダーDF本田大斗も入部予定リストに名を連ねている。

以下、九州産業大の入部予定選手
▼GK
小窪太斗(浜松開誠館高)
▼DF
小濱大周(鹿児島高)
川浪喜隆(滝川二高)
新郷友基(熊本国府高)
早川輝(飯塚高)
本田大斗(慶誠高)
池田速斗(V・ファーレン長崎U-18)
値賀悠妃(ロアッソ熊本ユース)
上野翔真(大分西高)
新村仁一楼(アビスパ福岡U-18)
伊藤智央(アビスパ福岡U-18)
▼MF
赤嶺泰地(飯塚高)
飯星明良(ロアッソ熊本ユース)
渡辺力雅(筑陽学園高)
▼MF/FW
横畑匠海(興國高)
坂野翔(飯塚高)
佐伯大岳(延岡学園高)
菊地雄太(東海大熊本星翔高)
▼FW
有村秀斗(興國高)
岩崎巧(筑陽学園高)
岩澤秀人(滝川二高)
河野奎吾(飯塚高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。
▼関連リンク※別サイトへ移動します。
College Soccer Central

TOP