beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンCが4発快勝!! 大一番制して10連勝達成!! 守護神が痛恨ミスのリバプールはアンフィールドで屈辱の3連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンチェスター・シティリバプールに4発快勝

[2.7 プレミアリーグ第23節 リバプール 1-4 マンチェスター・シティ]

 プレミアリーグは7日、第23節を行い、リバプールマンチェスター・シティが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半4分にMFイルカイ・ギュンドガンの得点でマンチェスター・Cが先制するも、同18分にFWモハメド・サラーの得点でリバプールが追い付く。しかし、同28分にギュンドガン、同31分にFWラヒーム・スターリング、同38分にMFフィル・フォーデンがネットを揺らしたマンチェスター・Cが4-1の勝利を収めて10連勝を記録した。

 リーグ戦9連勝中で、消化試合が1試合少ないながらも首位に立つマンチェスター・C(勝ち点47)と勝ち点差7で追う4位リバプール(同40)の上位対決。マンチェスター・Cがボール保持率を高めて試合を進めるが、集中力を高く保つリバプールが簡単にはフィニッシュまで持ち込ませない。

 前半29分にはリバプールがゴールを脅かす。パスカットを成功させたDFジョーダン・ヘンダーソンが前線に送ったボールははね返されたものの、こぼれ球にFWロベルト・フィルミーノが反応。右足ダイレクトで合わせたシュートは枠を捉えたが、GKエデルソンに弾き出されてしまった。

 すると、前半36分、左サイドから切れ込んだFWラヒーム・スターリングがPA内でDFファビーニョのファウルを誘い、マンチェスター・CがPKを獲得。しかし、キッカーを務めたギュンドガンのシュートが枠上に外れ、先制の好機を逸してしまった。

 だが、0-0のまま迎えた後半4分にマンチェスター・Cが試合を動かす。左サイドからPA内に侵入したスターリングのラストパスに反応したフォーデンが放ったシュートはGKアリソン・ベッカーに阻まれたものの、こぼれ球をギュンドガンが右足で蹴り込んでスコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負ったリバプールは後半13分、DFトレント・アレクサンダー・アーノルドのサイドチェンジを受けたMFカーティス・ジョーンズがPA内まで持ち込んで右足シュートを放つも、DFジョン・ストーンズに触れたボールはわずかにゴール右に外れる。しかし、同17分、PA内に侵入したサラーがDFルベン・ディアスのファウルを誘ってPKを獲得すると、サラー自身がきっちりネットを揺らして試合を振り出しに戻した。

 1-1の同点となると、後半23分にリバプールベンチが動き、FWシェルダン・シャキリとMFジェームズ・ミルナーを同時投入。同27分にはマンチェスター・Cベンチが動き、FWガブリエル・ジェズスをピッチへと送り込み、状況を打開しようと試みる。

 すると、後半28分にマンチェスター・Cが勝ち越しに成功。アリソンのキックミスを拾ったフォーデンが相手に寄せられながらもドリブルでPA内に運ぶと、折り返しをギュンドガンが押し込んで再びリードを奪う。さらに同31分にまたもやアリソンのパスミスを今度はMFベルナルド・シウバがカットし、クロスをスターリングがダイビングヘッドで押し込んでリードは2点差に広がった。

 後半38分には右サイドから切れ込んだフォーデンが左足の強烈なシュートを突き刺し、ダメ押しゴール。リバプールの反撃を許さなかったマンチェスター・Cが4-1で快勝した。ホーム・アンフィールドで屈辱の3連敗を喫したリバプールは、マンチェスター・Cとの勝ち点差を10に広げられることになった。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP