beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

笹沼、永吉、大森、笠井、上田…選手権のヒーローに加え、Jユース・強豪校の中心選手が桐蔭横浜大進学!

このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨学院高の“超絶パサー”MF笹沼航紀桐蔭横浜大へ進学する(写真協力=高校サッカー年鑑)

 20年度の関東大学リーグ1部4位、「#atarimaeni CUP」で8強入りした桐蔭横浜大が21年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、桐蔭横浜大)。

 全国高校選手権のヒーローやJクラブユース、強豪校の中心選手が桐蔭大へ進学する。選手権優勝校・山梨学院高(山梨)のMF笹沼航紀はスーパーサブ起用だったものの、大会トップレベルの技術力を示した左利きのパサー。神村学園高(鹿児島)の大黒柱であるMF永吉飛翔主将は精度の高いサイドチェンジやゲームメーク力を選手権で発揮し、大会優秀選手に選出されているボランチだ。

 FW大森涼(帝京大可児高)とFW笠井佳祐(関東一高)はともに選手権で4ゴールを挙げて得点ランキング2位タイ。ともに強豪校のエースと活躍した2人はテクニックに秀で、個でゴールをこじ開けられる選手だ。また、名門・東福岡高(福岡)から10番のゲームメーカー・MF上田瑞季主将と県予選、全国大会で貴重なゴールを決めたMF遠藤貴成、大阪王者・履正社高のパワフルなハードワーカーFW李晃輝、そして系列の桐蔭学園高(神奈川)の攻撃力高い左SB武田拓磨もリストに名を連ねている。

 今冬の選手権出場を逃した強豪校からも注目選手が加わる。プリンスリーグ関東勢・桐生一高(群馬)のMF落合遥斗主将は、ハードワークと精度の高いキックで試合を決める実力者。高精度のキックを駆使して日大藤沢高(神奈川)の中盤の柱を担ったMF斉藤夏、キレ味鋭いドリブルからゴールを奪うMF鈴木嶺騎(鵬学園高)、高さを活かしたポストワークなどが特長のFW渡邊啓吾(旭川実高)、状況判断秀でたSB五十嵐聖己(尚志高)、西武台高(埼玉)のCB大川和貴主将と2年時からゴールを守ったGK伊佐山縁心、そして大型DF關澤駿介(都市大塩尻高)も桐蔭大で挑戦する。

 Jクラブユース勢からもプリンスリーグ関東優勝の東京ヴェルディユースから左足キックの精度や推進力備えたDF廣野零二、フィード力と高さが特長の元U-16日本代表DF松本太一(サンフレッチェ広島ユース)、189cmの高さとリーダーシップも備えた大型GK西澤翼と高打点ヘッドが武器のCBパティソン志栄海(ともにジュビロ磐田U-18)、抜群のスピードでサイドを切り裂くMF黒木陸(ジェフユナイテッド千葉U-18)、空中戦の攻防秀でたDF岩崎博(ヴァンフォーレ甲府U-18)も入部予定となっている。 

以下、桐蔭横浜大の入部予定選手
▼GK
西澤翼(ジュビロ磐田U-18)
伊佐山縁心(西武台高)
▼DF
廣野零二(東京ヴェルディユース)
パティソン志栄海(ジュビロ磐田U-18)
關澤駿介(都市大塩尻高)
岩崎博(ヴァンフォーレ甲府U-18)
武田拓磨(桐蔭学園高)
五十嵐聖己(尚志高)
大川和貴(西武台高)
松本太一(サンフレッチェ広島ユース)
▼MF
上田瑞季(東福岡高)
遠藤貴成(東福岡高)
鈴木嶺騎(鵬学園高)
黒木陸(ジェフユナイテッド千葉U-18)
斉藤夏(日大藤沢高)
落合遥斗(桐生一高)
永吉飛翔(神村学園高)
笹沼航紀(山梨学院高)
▼FW
大森涼(帝京大可児高)
李晃輝(履正社高)
笠井佳祐(関東一高)
渡邊啓吾(旭川実高)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、現時点での入部予定者となります。事情により、実際には入部しない場合もあります。また大学によっては一般入学等によって、リスト以外の新入部員が加わる場合もあります。

TOP