beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

過去10年の世界最高選手はメッシ! 2位C・ロナウド、3位に現役Jリーガー…海外紙が「驚きだ」と記すトップ10外の選手も

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWリオネル・メッシがFWクリスティアーノ・ロナウドを抑え、1位に輝いた

 国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が7日、2011年から2020年までの10年間の世界最高選手を発表し、バルセロナのFWリオネル・メッシが選ばれた。

 2位はユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウド、3位はバルセロナでも活躍したヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ、4位はパリSGのFWネイマール、5位はレアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモスとなっている。

 IFFHSは公式サイト上で「IFFHS(世界150か国)のメンバーは、各大陸および世界で2011年から2020年までの過去10年間におけるベストプレイヤーの投票を行った。リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウド、この10年のベストプレーヤーである2人の世界的な決闘は、投票が終わるまで魅力的で不確かなものだった。メッシとロナウドは間違いなくサッカーの歴史に残るだろう!」とコメントした。

 この発表を受け、スペイン『マルカ』では「C・ロナウドは2010年から2020年までの間に、チャンピオンズリーグで4度のタイトルを獲得し、個人的にも優れたゴールを決めているかもしれない。しかし、メッシが同時期にバルセロナで成し遂げたことの方が印象的だと判断された」と分析している。

 続けて「ズラタン・イブラヒモビッチは9位、ルカ・モドリッチが10位にランクインしており、その他にもGKジャンルイジ・ブッフォン、GKマヌエル・ノイアーがGKとしてベスト10に入っている。一方、CLで3度の優勝を経験しているにもかかわらず、ケイラー・ナバスが選出されていないのは、このリストにおけるひとつの驚きである」とレポートした。

以下、トップ10にランクインした選手

1. リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)
2. クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス/ポルトガル)
3. アンドレス・イニエスタ(神戸/スペイン)
4. ネイマール(パリSG/ブラジル)
5. セルヒオ・ラモス(R・マドリー/スペイン)
6. マヌエル・ノイアー(バイエルン/ドイツ)
7. ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン/ポーランド)
8. ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス/イタリア)
9. ズラタン・イブラヒモビッチ(ミラン/スウェーデン)
10.ルカ・モドリッチ(R・マドリー/クロアチア)

●ラ・リーガ2020-21特集

TOP