beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

JリーグとNPBが「20時以降の試合開催」など3項目を政府に要望

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jリーグの村井満チェアマンは12日、第2回臨時実行委員会後のオンラインブリーフィングに出席し、日本野球機構の斉藤惇会長(日本プロ野球組織コミッショナー)とともに萩生田光一文部科学大臣と面会したことを明かした。政府が緊急事態宣言中に定めている大規模イベント開催の制限について、一部緩和の要望をしたという。

 村井チェアマンによると、両団体が求めたのは①現状5000人以下とされている観客入場数制限のパーセンテージ化(例:収容数の50%以下など)、②海外帰国者に要請されている待機期間の短縮、③現状禁止されている午後8時以降の試合開催認可—の3点。「要望するだけでなく、スポーツ界がガイドラインを遵守することや、大切な情報をお客様にお伝えする際にコンタクト情報をしっかりわれわれが持つべく努力することで、要請を聞いていただきたいとお願いした」と語った。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP