beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FAカップベスト8に進出も不満を示すチェルシー指揮官トゥヘル「もっと期待していた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、11日に行われたFAカップ5回戦のバーンズリー戦で見せた選手たちのパフォーマンスに不満を示した。

 2部に所属するバーンズリーとの一戦は、チェルシーがボールポゼッションで優位に立ち、64分に生まれたタミー・アブラハムのゴールで逃げ切ってベスト8進出を決めた。

 しかし試合は、カウンターで直線的にゴールに向かうバーンズリーの方が多くの決定機を作り出しており、試合後のスタッツではボール支配率こそ72%とチェルシーが優位に立ったものの、シュートはチェルシーの6本(枠内シュート1本)に対して、バーンズリーが14本(枠内シュート4本)となった。

 試合後、会見に出席したトゥヘル監督は、低調なパフォーマンスとなった選手たちに苦言を呈した。

「(ハーフタイムで)4バックに変更し、それによる戦術変更のためにマルコス(・アロンソ)を下げた。アンドレアス(・クリステンセン)は頭痛による交代だ。この変更で相手のエリアに侵入できるようになり、プレスを回避することが楽になった」

「後半のスタートからはうまくプレーできるようになり、常に相手のエリアで攻撃を仕掛けた。その後ゴールを奪い、リスクがあると感じたが小さな決断をした。しかし、勇気が足りずに(プレーエリアが)深くなってしまった」

「我々はもっとうまくプレーできる。もっと期待していたのだがね。少しイライラしている」

「リズムが悪く、少し自信が欠如していた。相手は、全てのリスクを冒して彼らの人生で最高のプレーをしてくる。そういう相手との対戦は簡単ではない。それでももっとうまくプレーできたと思う」

●プレミアリーグ2020-21特集
●FA杯2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP