beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

痛恨の連係ミスで決勝点献上のリバプール…レスターに逆転負けで3連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

連係ミスから決勝点を献上したリバプールは3連敗

[2.13 プレミアリーグ第24節 レスター・シティ 3-1 リバプール]

 プレミアリーグは13日、第24節を行い、レスター・シティリバプールが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半22分にFWモハメド・サラーの得点でリバプールが先制するが、同33分、同36分、同40分にレスターがネットを揺らして3-1の逆転勝利を収めた。敗れたリバプールは3連敗を喫することになった。

 前節マンチェスター・シティとの大一番で1-4の大敗を喫し、優勝争いから一歩後退したリバプール。この日は序盤から主導権を握って試合を進めるが、前半26分にMFジョーダン・ヘンダーソンのクロスをFWサディオ・マネがすらし、FWロベルト・フィルミーノが放ったシュートがGKガスパー・シュマイケルに阻まれるなど、スコアを動かせずに試合が進む。

 一方のレスターは前半42分、後方からMFダニエル・アマルテイが送ったパスで抜け出したFWジェイミー・バーディがPA内まで持ち込むも、右足から放ったシュートはクロスバーを叩いてしまった。

 0-0のまま後半を迎えると、後半11分にDFトレント・アレクサンダー・アーノルドが直接狙ったFKがゴールを襲うも、壁に当たってコースが変わったシュートはクロスバーに弾かれてしまう。しかし、同22分にリバプールが試合を動かす。アレクサンダー・アーノルドの折り返しをフィルミーノが巧みな反転からヒールで落とすと、走り込んだFWモハメド・サラーが左足で蹴り込んでスコアを1-0とした。


 しかし、後半33分にMFジェームズ・マディソンが蹴り出した弾道の低いFKが直接ネットを揺らしてレスターが同点に追い付く。さらに同36分にはMFユーリ・ティーレマンスが送ったロングボールに反応したGKアリソン・ベッカーとDFオザン・カバクがまさかの連係ミス。2人が交錯して、こぼれたボールを拾ったバーディが無人のゴールに蹴り込んで一気にレスターが逆転に成功した。

 後半40分にはMFハーベイ・バーンズがダメ押しゴールを奪い、レスターが3-1の逆転勝利を収めた。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP