beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

B・フェルナンデスの鮮やかボレーで追い付くも…勝ち越せなかったマンU、WBAとドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

同点ゴールを叩き込んだMFブルーノ・フェルナンデス

[2.14 プレミアリーグ第24節 WBA 1-1 マンチェスター・U]

 プレミアリーグは14日、第24節を行い、マンチェスター・ユナイテッドWBAのホームに乗り込んだ。前半を1-1で折り返した試合は、後半はスコアが動かずにドローに終わった。

 試合開始早々から、わずか1分21秒。試合を動かしたのはホームのWBAだった。右サイドからMFコナー・ギャラガーが送ったクロスに反応したFWムバイェ・ディアニュがDFビクトル・リンデロフと競り合いながらもヘディングでねじ込み、スコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負ったマンチェスター・Uだったが、前半44分に試合を振り出しに戻す。左サイドを駆け上がったDFルーク・ショーが送ったクロスをMFブルーノ・フェルナンデスが鮮やかな左足ボレーでネットを揺らし、スコアを1-1とした。

 1-1のまま迎えた後半17分、B・フェルナンデスが蹴り出したFKに反応したDFハリー・マグワイアがDFセミ・アジャイに倒されてマンチェスター・Uに一度はPKが与えられるが、VARが介入した結果、取り消しとなった。

 その後は、後半33分のWBAの決定機をGKダビド・デ・ヘアが好セーブで阻み、同アディショナルタイムのマグワイアのヘディングシュートがポストを叩くなど、両チームに勝ち越しゴールは生まれず。1-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2020-21特集

TOP