beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「パズルの大きなピース」オーバメヤン、約1か月ぶりの先発起用に応えるハットトリック

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルFWピエール・エメリク・オーバメヤン

 14日に行われたプレミアリーグ第24節でリーズと対戦したアーセナルは4-2で快勝した。勝利の立役者となったのはハットトリックを達成したFWピエール・エメリク・オーバメヤンだった。

 まずは前半14分、MFグラニト・ジャカのパスを左サイドで受けてPA内まで持ち込むと、右足のシュートでニアサイドを打ち抜いて先制点を奪取する。さらに同41分にPKを沈めて2点目を記録すると、後半2分にはMFエミール・スミス・ロウのクロスをダイビングヘッドで押し込んでハットトリックを達成した。

 母親が体調不良のため、1月下旬の2試合を欠場していたオーバメヤンは約1か月ぶりの先発出場。英『BBC』によると、オーバメヤンは「皆が僕やママ、家族にたくさんの愛を与えてくれた。クラブやファンの皆に感謝の気持ちを伝えなければならない」と『スカイスポーツ』に語っている。

「このハットトリックは僕にとって大きい。僕は常にハードワークしているから、辛い時期だったんだ」

 そして、先発出場に結果で応えたエースに対し、ミケル・アルテタ監督も全幅の信頼を寄せている。

「我々にはピエール・エメリク・オーバメヤンのゴールと絶好調の時の彼のプレーが欠けていた。彼は家族の件で難しい時期を経て、トレーニングに戻ってきた。この試合では彼がカギを握ると思っていた。我々が今後成功できるかどうかは、彼が最高の状態でプレーし、多くのゴールを決められるかどうかに懸かっている」

「もし、彼がそのような状況なら、勝利に大きく近付けるはずだ。もちろん彼一人に頼りっぱなしになるわけではないが、彼はパズルの大きなピースなんだ」

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP