beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ミス見逃さないポルトが2ゴール先勝!! ユベントスもロナウド封じられつつ意地のAG奪って第2戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWムサ・マレガ

[2.17 欧州CL決勝T1回戦 ポルト2-1ユベントス]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は17日、決勝トーナメント1回戦第1戦を行い、ユベントス(イタリア)とポルト(ポルトガル)が対戦した。ユベントスは開始早々にビルドアップのミスが出て、ポルトに先制点を献上。後半にも立ち上がりに追加点を奪われ、終盤にアウェーゴールを奪ったものの1-2で敗れた。

 試合は開始1分に動いた。ポルトのハイプレッシャーに対して低い位置での組み立てを迫られたユベントスはMFロドリゴ・ベンタンクールがGKボイチェフ・シュチェスニへのバックパスをミス。スライディング気味に反応したポルトのFWメフディ・タレミが右足で先に触り、ゴールマウスに流し込んだ。

 ユベントスは前半30分すぎ、さらなるアクシデント。主将のDFジョルジョ・キエッリーニが右足を痛め、DFメリフ・デミラルとの交代を強いられた。その後はユベントスがボールを握るが、ポルトのファウルをいとわない猛烈なプレスに屈し、無得点のまま前半が終了。ときおり左サイドに流れたFWクリスティアーノ・ロナウドも目立った仕事ができないままハーフタイムを迎えた。

 後半も早々にポルトが追加点。右サイドのハーフスペースを攻め上がったDFウィルソン・マナファが中央に折り返し、ニアで反応したFWムサ・マレガが巧みなトラップで収めてネットを揺らした。その後も主導権を握ったポルトは23分にもMFヘスス・コロナのオーバーヘッドシュートが枠内を襲ったが、これはシュチェスニに防がれた。

 対するユベントスはFWアルバロ・モラタ、MFアーロン・ラムジーを投入して反撃開始。やや出足が緩くなったポルトを攻め立てると、後半37分左サイドを突破したMFアドリアン・ラビオのクロスにFWフェデリコ・キエーザが合わせ、1点を返した。終盤にもロナウドがあわやPKというチャンスを作ったが、笛は吹かれずこのままタイムアップ。ユベントスは1点ビハインドでホームでの第2戦に進む形となった。

●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集

TOP