beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

Jリーグマスコット総選挙11~30位発表! 11位は川崎Fふろん太、初参加の東京Vリヴェルンは健闘

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグマスコット総選挙2021

 Jリーグマスコット総選挙2021の最終順位が確定し、18日に11~30位が発表された。

 11位には昨季のJリーグ王者・川崎フロンターレのふろん太がランクイン。ジュビロくん(ジュビロ磐田)は昨年の20位から12位に浮上した一方、昨年8位だった東京ドロンパ(FC東京)が13位にダウンしている。

 また、2020年5月に誕生した東京ヴェルディの新マスコット・リヴェルンは総選挙初参加で15位と健闘した。

 中間発表ではV・ファーレン長崎のヴィヴィくんが首位、マリノスケ(横浜F・マリノス)が2位、グランパスくん(名古屋グランパス)が3位だった。4~10位はあす19日に発表予定。

以下、11~30位の結果

11位:ふろん太(川崎フロンターレ)
12位:ジュビロくん(ジュビロ磐田)
13位:東京ドロンパ(FC東京)
14位:レノ丸(レノファ山口FC)
15位:リヴェルン(東京ヴェルディ)
16位:ガンバボーイ(ガンバ大阪)
17位:ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府)
18位:ギッフィー(FC岐阜)
19位:ゼルビー(FC町田ゼルビア)
20位:アビーくん(アビスパ福岡)
21位:ウィントス(サガン鳥栖)
22位:ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC)
23位:レイくん(柏レイソル)
24位:ロビー(セレッソ大阪)
25位:フリ丸(横浜FC)
26位:アルディ(大宮アルディージャ)
27位:アルビくん(アルビレックス新潟)
28位:キングベルI世(湘南ベルマーレ)
29位:トッキー(栃木SC)
30位:モーヴィ(ヴィッセル神戸)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021シーズン新体制&背番号一覧
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP