beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

負傷者続出のレアル、新たにベンゼマが戦線離脱…ジダンも嘆く「深いダメージ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

怪我で招集外となったFWカリム・ベンゼマ

 レアル・マドリーが19日、敵地で20日に開催されるラ・リーガ第24節バリャドリー戦に向け、招集メンバー19名をクラブ公式サイトで発表した。

 DFセルヒオ・ラモスをはじめ、FWエデン・アザール、FWロドリゴ・ゴエス、DFエデル・ミリトン、MFフェデリコ・バルベルデ、DFマルセロ、DFアルバロ・オドリオソラなど離脱者が続出する中、今節はチームトップの12得点を記録しているFWカリム・ベンゼマが招集外となっている。

 スペイン『アス』によると、左内転筋に問題を抱えており、24日に敵地で行われるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第1戦のアタランタ戦も欠場する可能性があるようだ。

 ジネディーヌ・ジダン監督は前日会見でベンゼマについて「彼は違和感があり、バリャドリーではわれわれと一緒にいないことになる。昨日起こったことで、来週どういう状態になるか見ていく」と説明。「怪我でいない選手がいるというのは深いダメージだが、われわれにとって彼がどういう選手なのかというのはみんなが分かっている」と、その影響の大きさを語った。

 今季は負傷者が相次ぎ、指揮官はチーム編成に頭を悩ませ続けている。「われわれはこれ以上の怪我人が出ないよう望んでいるが、残念ながらたくさんの要素があり、最近は選手たちをベストな状態で抱えることができておらず、多くの負傷選手がいる。辛抱強くいなければならず、いる選手が全力を尽くし、できるだけ早く自分たちの選手が戻ってくることを考えなければならない。誰もが練習と試合に戻りたいと望んでいるが、実際のところ最近の状況は難しいものになっている」と現状を嘆いた。

 現在3連勝中のレアルは首位アトレティコ・マドリーと勝ち点6差の2位。バリャドリーは6戦未勝利(3分3敗)で降格圏内の18位に位置している。

以下、招集メンバー19名

▽GK
ティボー・クルトワ
アンドリー・ルニン
ディエゴ・アルトゥーベ

▽DF
ラファエル・バラン
ナチョ・フェルナンデス
フェルラン・メンディ
ビクトル・チュスト
ミゲル・グティエレス

▽MF
トニ・クロース
ルカ・モドリッチ
カゼミーロ
イスコ
セルヒオ・アリーバス
アントニオ・ブランコ

▽FW
マルコ・アセンシオ
ルーカス・バスケス
ビニシウス・ジュニオール
マリアーノ
ウーゴ・ドゥロ

●ラ・リーガ2020-21特集

TOP