beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2点差追い付く粘りも力尽きる…川崎Fに惜敗のG大阪、宮本監督「いろんなものが見えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガンバ大阪宮本恒靖監督

[2.20 富士ゼロックススーパー杯 川崎F 3-2 G大阪 埼玉]

 王者を苦しめた。しかし、PK戦もちらついた90+6分に決勝点を献上。ガンバ大阪は2-3で川崎Fに敗れた。

 立ち上がりこそ前線からのプレッシングで川崎Fから自由を奪い取ろうとしたが、徐々にペースを握られ始める。前半29分にFW三笘薫に先制点を奪われると、わずか3分後の同32分に再び三笘にネットを揺らされてリードを2点差に広げられた。

「ディフェンスラインが少し下がってしまった。相手チームの背後への抜け出しや押し込まれる展開があり、ちょっと(後ろが)重たくなった。前線はプレッシャーを掛けようとするが、中盤から後ろに出てこれなくなった」

 しかし、ハーフタイムに「守備の縦ずれの距離感。攻撃では相手を見ながらボールを動かす時間帯を作りながら、PA内への侵入、人数の掛け方やタイミングを伝えた」と修正を施すと、流れを引き寄せる。後半15分にMF矢島慎也のゴールで1点差に詰め寄ると、同22分にはFWパトリックがPKを沈めて試合を振り出しに戻した。

 その後もペースをつかむ時間帯がありながらも、勝ち越しゴールを奪えずにいると、試合終了間際の後半アディショナルタイムにFW小林悠に決勝点を奪われて2-3で敗れることになった。

「結果に関しては残念に思う」と答えた指揮官だが、「選手が見せてくれたもの、内容は自分たちが取り組んできたものがたくさんあった。力のある相手とやることで、いろんなものが見えたので、来週以降に向けて生かしていきたい」と手応えも感じたようだ。

 1週間後の2月27日、J1リーグ開幕節でG大阪は神戸のホームに乗り込む。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP