beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

南野の華麗ゴール、名将ベンゲルが絶賛「彼の中には芸術家がいる」「このゴールは並外れたものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW南野拓実が新天地で2得点目

[2.20 プレミアリーグ第25節 サウサンプトン 1-1 チェルシー]

 サウサンプトンFW南野拓実は20日のプレミアリーグ第25節でチェルシーから先制ゴール。名将アーセン・ベンゲル氏は南野を“アーティスト”と絶賛した。英『ミラー』が『BTスポーツ』の内容を伝えている。

 サウサンプトンはチェルシーと対戦。相手の攻撃を受ける時間が続いたものの、均衡を破ったのはこの冬に加入した26歳の日本代表FWだった。

 前半33分、MFネイサン・レドモンドのスルーパスを相手守備ラインの隙間で受けると、そのままPA内に進入。DFセサル・アスピリクエタとGKエドュアール・メンディをシュートフェイントで巧みにかわし、冷静に右足アウトサイドでゴールに流し込んだ。

 サウサンプトンは後半9分に追いつかれるも、1-1で泥沼の6連敗をストップ。南野の新天地2ゴール目で貴重な勝ち点1を手にした。ベンゲル氏は『BTスポーツ』でチェルシーの守備に低評価をつけつつ、南野を高く評価している。

「彼は大きなプレッシャーがかかったこの場面で、とても冷静にそのゴールを演出してみせた。冷静に相手選手を何度も確認していた。彼の中には芸術家がいるようだ。チェルシーの守備もある意味“芸術的”だが」

「しかし、このストライカーのプレーは並外れたものだった」

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2020-21特集

TOP