beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

新型コロナ感染などでリーグ7戦欠場の三好康児は「良くなっている」…指揮官が今後の起用を示唆

このエントリーをはてなブックマークに追加

指揮官は今後の三好康児起用を示唆

 アントワープのフランキー・ベルコーテレン監督は、ほとんど出番のない三好康児について語った。

 2019年夏からベルギーの名門アントワープでプレーする三好。今シーズンはここまで公式戦23試合に出場して2ゴール2アシストを記録するが、新型コロナウイルス感染もあり、年明け最初の試合に出場してからリーグ戦7試合連続でピッチに立てていない。

 それでも、18日の3-4で敗れたヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦のレンジャーズ戦の試合終了間際に途中出場。国内カップ戦を除いて久しぶりにピッチに立った日本代表MFについて、ベルコーテレン監督は、ベルギー『Het Laatste Nieuws』でこれからプレー時間が増えることを示唆した。

「ここ数日間、彼はさらに良くなっている。最初の頃、我々が求めていたことに対して苦労していたが、今彼はさらに多くのことをチームにもたらしている」

 アントワープは21日の次節で本拠地にシントトロイデンを迎える。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP