beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メッシ、シャビ、イニエスタに続いて…ブスケツがバルサ史上4人目の記録を達成

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブスケツ、メッシ、シャビ、イニエスタ(写真は14年時)

 バルセロナMFセルヒオ・ブスケツが、同クラブでのラ・リーガ400試合出場を達成した。

 1988年7月16日生まれの32歳はバルセロナの下部組織で育ち、08-09シーズンにトップチームデビュー。在籍13年目を迎えた今季も主軸としてプレーしており、21日のラ・リーガ第24節カディス戦(△1-1)で通算400試合出場を達成した。

 400試合の内、スターティングメンバーに名を連ねたのは353回。9得点26アスストを記録するなど、8度のリーグ制覇に貢献している。

 なお、バルセロナでのラ・リーガ400試合出場は史上4人目。クラブ公式サイトによると、最多出場はFWリオネル・メッシの506試合で、シャビ・エルナンデス(現アル・サッド監督)が505試合、MFアンドレス・イニエスタ(現神戸)が442試合で続いている。

●ラ・リーガ2020-21特集

TOP