beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

オルンガの穴、ヨニッチの穴…柏DF古賀「ネガティブではない」C大阪DF瀬古「自分がどれだけ埋められるか」

このエントリーをはてなブックマークに追加

会見に出席したDF瀬古歩夢(左)とDF古賀太陽

 Jリーグ開幕直前オンライン記者会見が23日に行われ、セレッソ大阪からはレヴィー・クルピ監督(67)とDF瀬古歩夢柏レイソルからはネルシーニョ監督(70)とDF古賀太陽が出席した。

 昨シーズンは4位で終えたC大阪だが、監督にレヴィー・クルピ氏を8年ぶりに招へい。そしてFW柿谷曜一朗とMF木本恭生が名古屋に移籍。17年から守備の要としてプレーしていたDFマテイ・ヨニッチも上海申花(中国)に完全移籍でチームを去った。

 一方の柏は何と言っても圧倒的な得点力を見せつけてJリーグMVPに輝いたFWオルンガがアルドゥハイル(カタール)に、守護神のGK中村航輔がポルトガル1部のポルティモネンセにそれぞれ完全移籍。互いにチームを根幹から見直すことが求められている。

 ただ会見で瀬古は「頼りがいのある選手がいなくなることは大打撃ですが、一緒にプレーしていた分、自分がやらないといけない。その穴を自分がどれだけ埋められるかがこのチームに鍵になる」と力強く話す。古賀も「簡単には埋められない穴」とするも、「それ以外でやれることはたくさんあると思っている。チーム全体でもそこまでネガティブではない」と前向きに話した。

 会見冒頭、2人での会話を弾ませたブラジル出身の両監督は、記者の質問にもにこやかに対応。ネルシーニョ監督が「レヴィー監督のチームは組織的で、洗練されている。選手は90分間で勝負にコミットして戦えるチーム」と持ち上げると、クルピ監督も「(ネルシーニョ監督の)サッカーの印象は“最悪”。怖い印象がある」と返答。そして口滑らかに「最悪、怖いと表現したのは決してけなしているわけではないよ。冗談だと思って解釈して」と笑みを浮かべながら付け加えた。

 ともに開幕戦は2連勝中(柏は19年J2)。両チームの対戦は27日、ヤンマースタジアム長居で16時にキックオフする。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP