beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メッシが得点ランク単独首位に立つ2発! 中2日のバルサ、下位エルチェに3-0快勝で首位アトレティコに迫る

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナがエルチェに3-0で快勝

[2.24 ラ・リーガ第1節延期分 バルセロナ3-0エルチェ]

 ラ・リーガ第1節延期分が24日に開催され、3位バルセロナが本拠地カンプ・ノウで18位エルチェに3-0で快勝した。公式戦3試合ぶりの白星を挙げ、首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差を5、2位レアル・マドリーとの勝ち点差を2に縮めている。

 21日のホームでの第24節カディス戦(△1-1)から中2日のバルセロナはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン、DFジェラール・ピケ、DFジョルディ・アルバ、MFフレンキー・デ・ヨング、MFペドリ、FWリオネル・メッシを除くスタメン5人を変更して臨んだ。

 前半はスコアレスで終えたが、後半3分にエースが均衡を破る。中盤に降りたメッシがMFペドリからパスを受け、ドリブルで加速。PA内中央のFWマーティン・ブレイスウェイトに預けてリターンをもらうと、DFホアン・モヒカ に寄せられて倒れながら左足でシュートを放ち、GKエドガル・バディアに触られながらもゴール右に決まった。

 後半24分には左サイドのペドリのボール奪取からカウンターとなり、デ・ヨングがドリブルで複数の相手を振り切ってPA内左へ進入。ラストパスを受けたメッシがマークに来るDFを冷静にいなし、左足でゴール左に蹴り込む。メッシは連続弾で今季18ゴール目とし、得点ランキング単独首位に立った。

 さらに直後の後半28分、左サイドのJ・アルバが中央に持ち運び、右方向のメッシにつなぐ。メッシがPA手前右から左足でクロスを送ると、ファーのブレイスウェイトが頭で落とし、フリーで反応したJ・アルバが左足のボレーでダメ押しの3点目を奪った。

 バルセロナは守ってもエルチェの攻撃を無失点に抑え、3-0で完封勝利。16日にホームで行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第1戦のパリSG戦(●1-4)、21日のリーガ第24節カディス戦(△1-1)と続いた嫌な流れを断ち切り、公式戦3試合ぶりの白星をつかんだ。また、前節に連勝が7で止まったリーグ戦では14試合負けなし(11勝3分)としている。

●ラ・リーガ2020-21特集

TOP