beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

個の成長とともに常勝へ。“裏選手権”、“全国ルーキー”優勝の静岡学園が静岡新人戦制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡学園高が静岡県新人戦を制した

[2.23静岡県高校新人大会決勝 静岡学園高 2-0 藤枝東高 草薙陸]

 静岡3冠、日本一狙う静岡学園が、まず新人戦制覇――。令和2年度 静岡県高校新人大会決勝が23日に静岡市の草薙陸上競技場で開催され、静岡学園高が2-0で藤枝東高に勝利。3年ぶりの新人戦制覇を果たした。

 今冬、静岡学園は“裏選手権”こと「ニューバランスカップ2021」と、1年生の全国大会「ミズノチャンピオンシップU-16 ルーキーリーグ」で優勝。そして、名門対決を制して静岡県新人戦も頂点に立った。

 前半は強みのテクニックを十分に発揮することができなかった。藤枝東のプレッシングの速さの前になかなかチャレンジすることができず、ミスや後ろ向きなプレーが増加。強さも兼ね備えたMF松永颯汰(2年)がキープ力を発揮して起点となっていたほか、大型CB伊東進之輔(2年)が流れの中で攻め上がるシーンもあったものの、藤枝東により多くボールを保持されてしまうような展開だった。

 藤枝東は奪ったボールを主将のMF恒岡大雄(2年)や10番MF前島陵汰(2年)、左足フィードが魅力のCB酒井完治(2年)らがテンポ良く繋ぎ、サイドへ展開。MF川口大介(2年)とMF中村朔良(1年)の両翼の仕掛けも利いていた。

 互いに決定打が打てないまま進んだが、速攻から静岡学園の10番MF古川陽介(2年)がPAへ切れ込むなど、前半30分過ぎから徐々にゴール前のシーンが増加。藤枝東は40分、川口の右クロスからファーサイドの中村が決定的なヘッドを打ち込む。直後には静岡学園も決定機。右SB小泉龍之介(2年)のボールキープとスルーパスを起点に快足MF川谷凪(2年)が右サイドを深く切れ込む。その折り返しを松永が右足ダイレクトで合わせた。

 後半立ち上がりには藤枝東にチャンス。準決勝2発のFW小島涼平(2年)の力強いドリブルから前島陵がラストパスを通し、川口が右足で狙う。だが、藤枝東はその後、負傷を抱える恒岡が交代したこともあってか、重心がやや重くなってしまう。一方で押し込む時間を増やした静岡学園が藤枝東を突き放す。

 18分、左サイドでボールを持った古川が、松永とのワンツーでPAへ侵入して右足シュート。藤枝東GK成田三太郎(2年)が反応したが、こぼれ球を松永が右足でゴールへ押し込んだ。

 藤枝東の小林公平監督は「力関係的にもあれ(前半)くらいはできるだろうと思って入っていました。(押し込まれるような)時間になることも想定していましたけれど、引きずられる時間が長くなるとは」と流れを変えられなかったことを残念がる。

 藤枝東は27分に前島陵が中央から抜け出すも、静岡学園GK生嶋健太郎(2年)が判断よく飛び出してキャッチ。逆にMF玄理吾(2年)らがボールに絡む回数を増やした静岡学園は、川谷のスピードを活用した攻撃や古川の個人技などから追加点を狙う。そして37分、左サイドから切れ込んだ古川がニアへ右足シュート。このこぼれ球をFW持山匡佑(2年)がゴールへ押し込んだ。

 例年同様、新人戦で静岡学園の指揮を執った齊藤興龍コーチは、「開始から終わりまでの経験をしていない選手が多いので、一つのゲームをやり切ることも経験させてあげたい」と準決勝、決勝とメンバーを変更せずに先発11人で試合を完結。その静岡学園が2-0で勝利した。

 個を伸ばすことが静学の大前提。その上で、齊藤コーチは「常に勝てるようになれば、全体的にレベルも上がる」と語る。19年度の選手権日本一に輝いた静岡学園だが、昨年は静岡県予選敗退。その一方、19年度選手権で静岡学園とともに4強入りした青森山田高(青森)、矢板中央高(栃木)、帝京長岡高(新潟)は20年度の選手権でも4強に名を連ねた。選手権静岡県予選で連覇したのは07、08年度の藤枝東が最後。静岡で連覇すること、全国で続けて勝ち上がることは難しいが、より強力な個を育てるためにも、他県の強豪同様に静岡の“常勝軍団”となることを目指していく。

 今年はアタッカー陣を中心にタレントを擁し、CB行德瑛、MF高橋隆大のU-16日本代表コンビら1年生も強力。今大会怪我で欠場したU-17日本代表MF清水和馬(2年)含めてメンバー争いは熾烈だ。選手たちの目標も静岡3冠、そしてプレミアリーグ昇格、選手権優勝と大きい。

 松永は「足りていない部分もあるんですけれども、(全国)優勝したメンバーに追いついて追い越せるように練習して、フィジカル的にも、技術的にも追い抜いていきたいですね」と語り、古川は「チームとしてはプレミア昇格と選手権優勝は絶対果たしたい」と力を込めた。そして生嶋は「(静岡)3冠狙っているので1冠取れたことは嬉しいけれど、切り替えてプリンス開幕向けて頑張っていきたい」と宣言。だが、技術面も、メンタル面もまだまだ高めていかなければならない。冬に示した強さに満足することなく、ライバルたち以上の日常を過ごして個人、チームの目標を達成する。

(取材・文 吉田太郎)

TOP